Skip to content

顧客体験を向上させるマーケティング分析

by admin on 5月 23rd, 2017

“market”


データベースの洞察力


顧客の経験を分析し、洞察力を得て成果を高めた競争力のある企業は、このような組織の構造的な問題を克服しました。お客様経験値を組織全体に共有しており、それによってすべての部門で顧客と接するようになり、業務ごとに洞察力を得ることができました。顧客の購買データでは、どの製品が一番よく売れるか判別して生産を増やすかどうかを決定することができ、財務部門では購買パターンに基づいて収入を予測することができる、またマーケティング部門もこのデータに基づいて仮説をテストして決定することができます。

業界をリードする企業は、測定および分析が顧客の経験をどのように向上させることができるかをよく知っています。顧客データを収集、調査すると良いCXを提供することができ、消費者の好感度と行動パターンを容易に把握することができます。たとえば、Progressive Insurance会社のマーケティングチームは、モバイルユーザーの行動方式のデータを分析を通してこのような結果を知りました。消費者は、モバイルアプリを利用する保険見積もりや保険を加入して特約をオプションで入れてほしかった。顧客が希望する保険を購入するオプションを提供することで大きな利益をもたらしました。このように、会社が顧客価値を創出するビジネス上の利点が自然についてきます。

マーケティング主導権


誰が組織の構造的な問題を崩し、断絶されたチャンネルの顧客経験に接続し、改善を推進するのでしょうか?最近ガートナー(Gartner)の研究によると、CEOがマーケティング役員に期待する最高の期待値は、顧客の経験を向上させることです。 CMOはブランドの管理範囲以上に考えを広げ、顧客経験により多くの価値を与えるように努めるべきです。

伝統的なブランド管理の観点から見ると、マーケティング担当者は、特定の製品ラインを担当しました。この場合、同じ顧客を目標に組織が互いに関心を持って競争するようになり、その結果、互いに共有されて融合されていない情報がないため、顧客体験を向上させるために必要な大きなイメージを得ることが難しくなります。今日のマーケティングリーダーは、顧客の経験を最適化するために、組織の構造的な問題を崩しコラボレーションを通じ、製品中心のアプローチから顧客中心のアプローチに切り替えなければならなりません。

より多くのデータを必要としません。転写組織でデータを確認し、有用な情報を提供することができる方法を見つける必要があります。組織内のメンバーがお客様が探しているときに、可視性の高い情報を提供する場合、他より迅速な意思決定を行うことができます。

マーケティング分析

From → 未分類

No comments yet

Leave a Reply

Note: XHTML is allowed. Your email address will never be published.

Subscribe to this comment feed via RSS