Skip to content

インバウンドマーケティングVSアウトバウンドマーケティング

by admin on 6月 5th, 2017

“tool”
今回はインバウンドとアウトバウンドのマーケティング手法について話していきます。
まず、それぞれの特徴から。
インバウンド:
インバウンドマーケティングは消費者が知りたい情報をブログなどのサイトに載せることで購入に結びつける方法です。色々な情報を制限なく伝えられることが良い特徴です。ただ、ブログなどは発見してもらうまでに時間を要するため根気が必要です。基本的には、ビジネス用の商品や高価なものなど購入者は限られているけど、時間をかけて売りたいものがインバウンドマーケティングに向いています。
アウトバウンド:
アウトバウンドはTVや新聞雑誌などの広告が主です。大衆に情報を発信することで購入してもらうことやそのブランド認知を高めることを目的としています。基本的には生活用品や食品など誰もが使うものがアウトバウンドマーケティングには向いています。
2つの特徴は上記のような感じです。僕の感想では、どちらも使い分けてマーケティングすることが重要だと考えます。
こっちの方がいいということはないです。参考までに特徴をまとめました。デジタルマーケティング分析「リスニングマインド」とは?

From → 未分類

No comments yet

Leave a Reply

Note: XHTML is allowed. Your email address will never be published.

Subscribe to this comment feed via RSS