Skip to content

2分でわかる!マーケティング分析の一つSTP

by admin on 6月 25th, 2017

“minna”

みなさん、こんにちは。
マーケティング分析といっても、4P分析や3C分析など難しく聞こえるかもしれませんね。マーケティング分析といってもその方法はいくつかあってどれを選んだらいいのか戸惑ってしまうでしょう。今回は、マーケティング手法の中でも「STP」というのをお教えします。聞き慣れないこのSTPとはどのようなものなのでしょうか?ご説明していきましょう。


STPって何のこと
STPとは
・Segmentation…セグメンテーション(市場細分化)
・Targeting…ターゲティング(標的市場)
・Positioning…ポジショニング
の略となります。

早い話が、ターゲットを絞り込んで自社の立ち位置を設定する分析手法がSTPとなります。
STP分析はアメリカでは2番目に人気のマーケティング方法でもあり、多くの企業がSTPを実際にマーケティング戦略に導入しています。それぞれの擁護についてもう少し細かくみていきましょう。


セグメンテーション
セグメンテーションとはすなわち「細分化」の事です。属性ごとに市場を細かく分けていきます。STP分析においてはまずはこれが基本となります。


ターゲティング
市場規模や将来性など、市場を構成する様々な要素の中から、自社が事業展開するのに
最もふさわしい市場を標的として選びます。


ポジショニング
ポジショニングとは「立ち位置」という事です。ターゲット市場における自社商品の立ち位置、すなわちポジションを明確にします。自社の立ち位置と同業他社のポジションを正しく把握する事により、マーケティング戦略や施策を立案できるでしょう。

トリプルメディア

From → 未分類

No comments yet

Leave a Reply

Note: XHTML is allowed. Your email address will never be published.

Subscribe to this comment feed via RSS