Skip to content

マーケティングにおけるライバルの分析方法

by admin on 7月 13th, 2017

“3C分析の中には「競合分析」というのがあります。これは競合相手が市場の変化にどのように対応しているかどうか、把握する事が大きな目的となります。そこで、ライバルである企業のビジネス結果、その結果が出た理由の2つの観点から分析を行っていきます。
競合分析においては、次の2点に着目してみましょう。
○結果を把握する
ビジネスの結果だけを見ていては、競合の売り上げや利益率、広告費などの販売管理費用をリサーチしていきます。あまり公表されていない情報も多いので、情報収集については難しいですが、わかる範囲でより多くの情報を獲得しなければいけません。
○資源について
ライバルの資源については、資本がどれだけ効率よく使用されているのか検討していきます。社員一人あたりの売り上げや、顧客一人あたりの売上をリサーチする事によって、資源を把握していきましょう。
このような結果が出た場合、ライバルがどのようにして結果を出しているのかについて検討していきます。売り上げやリソースの効率を、どのようにして高めているのか明確にしていくのです。販売ルートや営業法、新品開発など、様々な面から検討してみると、自社で取り入れるべき仕組みや差別化を測るポイントも見つけやすいでしょう。”デジタルチャネルの分析はどうやるの?

From → 未分類

No comments yet

Leave a Reply

Note: XHTML is allowed. Your email address will never be published.

Subscribe to this comment feed via RSS