マーケティング本舗~levelupmarketingmd~ http://levelupmarketingmd.com Thu, 21 Sep 2017 06:00:00 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.2.1 SEOって何? http://levelupmarketingmd.com/2017/09/22/diary-20170922/ http://levelupmarketingmd.com/2017/09/22/diary-20170922/#comments Thu, 21 Sep 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/levelupmarketingmdcom/2017/09/22/diary-20170922/ SEOはグーグルやヤフーなどの検索エンジンにおいて、上位表示させるためのテクニックの事です。
○SEOでは上位表示されなければ意味がない?
いくらあなたが頑張ってホームページを作っていても、検索サイトの上位に表示されなければ、ほとんどアクセスは見込めないでしょう。
検索結果の下の方にかろうじて表示されていたとしても、そこまで下のサイトを見る人は少ないので、アクセス数は期待できません。
検索結果の上位に表示されれば、ユーザーはホームページにアクセスしてくれるでしょう。
○デザインやコンテンツが優れていてもクリックしてもらわなければ意味がない
自社の製品やサービスをアピールしたい場合、コストをかけてもいいのであれば、広告やSEOを使う事で手軽にアクセス数が集められます。
しかしできればあまりコストをかけずにアクセスを集めたいというのであれば、SEOを使うのが効果的でしょう。
ホームページの評判を良くするためにも、どのようなコンテンツやデザインを用意すればいいのかというのも確かに重要ですが、いくらコンテンツやデザインが優れていても、誰もアクセスしていなければホームページの反応はなかなか伸びていきません。

]]>
http://levelupmarketingmd.com/2017/09/22/diary-20170922/feed/ 0
SEO対策で重要な「リンク獲得」とは? http://levelupmarketingmd.com/2017/09/15/diary-20170915/ http://levelupmarketingmd.com/2017/09/15/diary-20170915/#comments Thu, 14 Sep 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/levelupmarketingmdcom/2017/09/15/diary-20170915/ みなさん、こんにちは。今回はSEO対策で重要なポイント、中でも「リンクを獲得する」ということについて話していきたいと思います。
SEOキーワードが含まれたコンテンツのあるページにリンクが含まれると、さらに検索エンジンの評価が上がり、順位も上昇します。よって、SEO対策には「外部対策」とも呼ばれるリンクの獲得が非常に大切となるため、コンテンツとリンクはいっしょにそろえて考えることをおすすめします。
では、とにかくリンクを数多く獲得すればよいのでしょうか?
以前のSEO対策には、被リンクの獲得数も重要要素となっていたため、リンク獲得を目的として商売をする業者まで数多く存在していましたが、今は「質重視」に上位評価の基準も変わってきました。
つまり、ユーザーにとって役立つコンテンツや楽しめるコンテンツなどを吟味し掲載していて、定期的にきちんと更新されているサイトから貼られた、質の高いリンクだけが順位を上げてくれるのです。
ですので、コンテンツのないサイトや無意味なリンクをただ貼っていても、検索エンジンから評価されることはないのです。
SEO初心者がやるべきことで詳しく知ろう

]]>
http://levelupmarketingmd.com/2017/09/15/diary-20170915/feed/ 0
マーケティング分析ではどのような分析が必要か? http://levelupmarketingmd.com/2017/09/08/diary-20170908/ http://levelupmarketingmd.com/2017/09/08/diary-20170908/#comments Thu, 07 Sep 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/levelupmarketingmdcom/2017/09/08/diary-20170908/ マーケティングのための分析と言えば、以前までエクセルを使わずにやっていましたが、最近ではインターネットツールのおかげで、マーケティング分析が大変やりやすくなっています。そのため、精密に的確に分析する事ができます。
企業の経営者の目にも留まるようになってきました。しかし最近では、どのようにしてマーケティング分析していけば企業の売り上げに貢献できるのかわからずに戸惑ってしまう企業も多いでしょう。
○マーケティング分析で大切な事とは
マーケティング分析で大切なのは、分析結果と結びつけて分析していく事です。具体的には企業の人件費やキャンペーンの費用、雑費などの総合的な経費に着目し、それを利益や顧客獲得といったマーケティング分析の結果という事です。
○マーケティング分析でどこに注目すればいいのか
見込み客一人当たりにかかる費用やページビュー一回あたりのコスト、フォロワー一人に対するコストなどのデータをもとに、マーケティング分析していけば、マーケティングの中でもどの部分を重要視するべきなのかがピンポイントでわかってきます。先ずは、無料で使える競合分析ツールですね/

]]>
http://levelupmarketingmd.com/2017/09/08/diary-20170908/feed/ 0
今更聞けない「オウンドメディア」の話 http://levelupmarketingmd.com/2017/08/31/diary-20170831/ http://levelupmarketingmd.com/2017/08/31/diary-20170831/#comments Wed, 30 Aug 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/levelupmarketingmdcom/2017/08/31/diary-20170831/ 最近「オウンドメディア」という言葉をよく耳にしますよね。
オウンドメディアは今、企業の広告戦略として根付き始めています。そんなオウンドメディアですが、まだ詳しくは知らない…という人も多いでしょう。そのような方のために、今回はオウンドメディアについてわかりやすく説明していきます。
○オウンドメディアを簡単に言うと…
オウンドには「所有する」という意味があります。自社がもつメディアという事で、そもそもオウンドメディアが注目された背景には、「トリプルメディア」があります。
このメディアは、国内では2010年頃から広まっていきました。
○一般広告に関わらず自社で発信しているメディアは「オウンドメディア」
トリプルメディアの理論で行けば、オウンドメディアは広い意味で捉えられています。
webサイトに加えて、カタログやパンフレットなど一般的な広告に限定せず、自社発信のメディアは全部「オウンドメディア」と呼べます。
その一方で最近注目されている「オウンドメディア」とは、企業が積極的に運営するブログなどと考えるとわかりやすいでしょう。オウンドメディアは非常に重要です。

]]>
http://levelupmarketingmd.com/2017/08/31/diary-20170831/feed/ 0
マーケティング分析において使えるツール2点 http://levelupmarketingmd.com/2017/08/24/diary-20170824/ http://levelupmarketingmd.com/2017/08/24/diary-20170824/#comments Wed, 23 Aug 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/levelupmarketingmdcom/2017/08/24/diary-20170824/ マーケティングでは分析していく事が何より重要です。それでは、どんなツールがマーケティング分析で使えるのでしょうか。ご紹介していきましょう。
○SEOツールクラウド
SEOツールクラウドを使うと、URLを入力する事によってwebサイトごとにグーグル、Alexaページランクやインデックス数、ソーシャルブックマークなど、様々な角度から分析する事ができます。SEOツールクラウドはSEO対策ツールでありながらも、ライバルサイトを分析する時に使えるので、利用シーンが幅広いのも特徴です。
○Yahoo!アクセス解析
分析ツールとして「グーグルアナリティクス」も有名ですが、そのYahoo!版がYahoo!アクセス解析です。基本的な機能に関しては、グーグルアナリティクスとはあまり変わりありませんが、強いて挙げるなら、Yahoo!アクセス解析だとクロスドメインでアクセス解析できるというメリットがあります。Googleアナリティクスだとデフォルトでは使えません。ただしYahoo!プロモーション広告のアカウントがなければ使用できないので、まずは登録が必須です。といっても登録にはコストはかからず料金も発声しないので安心でしょう。マーケティングオートメーションもおすすめです

]]>
http://levelupmarketingmd.com/2017/08/24/diary-20170824/feed/ 0
オウンドメディアによって何ができるようになるのか、その効果について http://levelupmarketingmd.com/2017/08/18/diary-20170818/ http://levelupmarketingmd.com/2017/08/18/diary-20170818/#comments Thu, 17 Aug 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/levelupmarketingmdcom/2017/08/18/diary-20170818/ オウンドメディアとは、簡単にいってしまえば「自分が所有するメディア」の事です。自社で所有しているメディアであれば、ブログやwebサイト、カタログやフェースブックも入ります。最近はweb広告が主流ですが、webだけに関わらず、全ての媒体が含まれます。
日本での汎用的な使われ方をみてみると、企業が運営するビジネスブログやwebマガジンの事を「オウンドメディア」という事が多いです。
○オウンドメディアによる効果とは
オウンドメディアを使う事でどのような効果が得られるのかというと、次のようなものが挙げられます。
・資産型マーケティングの展開
・見込み客との接点が持てる
これまでのマーケティングにおいては、ニーズが明確になっている顧客をいかに獲得するかが重要視されてきました。特にwebマーケティングの集客において目立ち、リスティング広告や純広告、DSP広告など、購買行動を起こそうとするユーザーへの露出が盛んになされてきました。
しかしwebマーケティングが発展していくと共に、顕在顧客の刈取りへの参入者も爆発的に増加していきます。そして競争は激しくなり、今ではクリック単価やCPAが高騰しています。
そこで新たに注目されるようになってきたのが、潜在顧客の発掘とその顧客を顕在顧客へと変化させる動機付けです。このような潜在顧客の発掘と動機付けにコンテンツマーケティングがぴったりだと注目されるようになり、オウンドメディアが使われるようになっているのです。オウンドメディアマーケティングについてより詳しい情報についてはオウンドメディアの記事をご参考ください

]]>
http://levelupmarketingmd.com/2017/08/18/diary-20170818/feed/ 0
webマーケティング、戦略、分析、解析に役立つツールリスト http://levelupmarketingmd.com/2017/08/09/diary-20170809/ http://levelupmarketingmd.com/2017/08/09/diary-20170809/#comments Tue, 08 Aug 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/levelupmarketingmdcom/2017/08/09/diary-20170809/ webマーケティングにおいて必要不可欠と言えば「マーケティングツール」です。戦略や分析、解析に役立つツールで、自社のマーケティング戦略に有益でしょう。
○SNS調査・分析のためのマーケティングつーる
ファンのニーズをもっと理解するためのTwitter分析ツール「InsightCatcher:インサイトキャッチャー」は、Twitter分析ができるマーケティングツールです。
昔のTwitter分析サービスでは、つぶやきから商品やブランドの評判を分析するのが中心でしたが、「インサイトキャッチャー」ではファン関心分析に力を入れているので、つぶやいたユーザー自身の興味を解析する事ができました。実践的なマーケティングへの活用も期待できるでしょう。
○マーケティングツールが分析できる事
・属性分析
・ファンの関心分析
・カテゴリー分析
・ホットワード分析
・評判用語分析
・定量分析
・ポジネガ分析
マーケティングの効率をさらに高めてくれると言えば「マーケティングツール」です。
ビジネスシーンにおいて物事を的確に素早く把握するには、「フレームワーク」と呼ばれるモデルを使うと便利です。フレームワークには、戦略の方向性や分析を行うものなど様々なパターンがあり、うまく活用すれば状況判断や意思決定のスピードを一気に引き上げあげる事ができます。しかしどんな時にどのフレームワークを使えばいいのかわからないというあなた。主な利用シーンは次のようなところです。
・イベントの効果測定
・プロモーション戦略策定時のリサーチ
・キャンペーン
・新商品開発時のリサーチオウンドメディアを支援するマーケティングツールです!

]]>
http://levelupmarketingmd.com/2017/08/09/diary-20170809/feed/ 0
人材募集用オウンドメディア http://levelupmarketingmd.com/2017/08/03/diary-20170803/ http://levelupmarketingmd.com/2017/08/03/diary-20170803/#comments Wed, 02 Aug 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/levelupmarketingmdcom/2017/08/03/diary-20170803/ みなさまこんにちは。
今回は人材系の話になります。ただ人材系といってもオウンドメディアを軸にした話です。
今、各業界でオウンドメディアを利用する会社が増えてきています。しかし、実際にどのような戦略でオウンドメディアを運営しているのでしょうか。今回はBtocで私が気になっている話題を分析してみます。
さて、HRは大量の人をどれだけ集客できるか、また、企業からうちで募集をかけてもらえるようにできるかが非常に重要です。
しかし、実際にその目標を達成するのはどういう施策を行なっているのでしょうか。HRのオウンドメディアだと人事は何を考えてるだとか、求めているスキルはなんなのかだとか、そういった内容が重要視されています。
しかし、そのような内容は一体どんな顧客に対して行なっているのかわかっているでしょうか。私はいま、 人材系のオウンドメディアから知識を得ていますが、これでジュ文なのか疑問が残りますね。それについてもっと調べて突っ込んでいきたいです。
インターネットを活用した経理関係のオウンドメディア

]]>
http://levelupmarketingmd.com/2017/08/03/diary-20170803/feed/ 0
検索エンジン最適化をもっとシンプルに考える http://levelupmarketingmd.com/2017/07/27/diary-20170727/ http://levelupmarketingmd.com/2017/07/27/diary-20170727/#comments Wed, 26 Jul 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/levelupmarketingmdcom/2017/07/27/diary-20170727/ 検索エンジン最適化について、少し難しく考えている人もいるでしょう。
しかし実際はシンプルに考えていいものです。
○検索エンジン最適化についての簡単な考え方とは
その情報を本当に求めている人であれば、検索を繰り返して必ずその情報にたどりつけるでしょう。
検索からの流入を増やしていく事はとても簡単です。
その情報を必要とする誰かに向けて情報を発信すればいいだけだからです。情報を求めている人は、
検索エンジンを繰り返し使っていき、その情報を最終的に探しあててくれます。
○ユーザーが求める情報発信に努めていく事が大切
人々は検索エンジンを使って情報を検索していき、その情報を公開していけば、それは人々に必ず届くでしょう。
公開する情報がもっと有益でクオリティの高いものであれば検索され、再共有され、
リンクされて検索結果で上位表示されてきます。さらにもっと多くの人々にも届いていくでしょう。
検索エンジン最適化は、売り込みや売上自慢、能力自慢の類は情報ではありません。コンテンツでもありません。
役立つ情報発信に努めていくのが基本です。
○信頼構築が先決
あなたの情報が役立ったという実績の蓄積によって、ユーザーとの間に信頼関係が構築されていきます。
そしてその信頼関係が明日の売上を作っていきます。
これはオフラインでの接客や営業と共通する事でもあり、
最初に顧客からの信頼を獲得しなければいけません。
そして信頼を獲得したいのであれば、その前に接点を獲得しなければならないのです。
接点や信頼獲得のために、web上でできる事はユーザーの役に立つ「情報発信」です。本記事はいかにコンテンツマーケティングにおいてSEOができているかが大事を参照しました。

]]>
http://levelupmarketingmd.com/2017/07/27/diary-20170727/feed/ 0
オウンドメディアマーケティングを始める上での心得 http://levelupmarketingmd.com/2017/07/20/diary-20170720/ http://levelupmarketingmd.com/2017/07/20/diary-20170720/#comments Wed, 19 Jul 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/levelupmarketingmdcom/2017/07/20/diary-20170720/ 最近では、大手企業だけでなく中小企業でもオウンドメディアマーケティングを取り入れてきています。しかし多くの場合、残念ながらアクセス向上にばかり視点がいってしまい、もっと大事なところを落としてしまっています。
SEOで上位表示させ、アクセスを集める事が最優先だというのはよくわかっているものの、オウンドメディアマーケティングは、短期的な成功を目指しているわけではありません。
○オウンドメディアマーケティングの心得
オウンドメディアマーケティングを行う上で、心得ておかなければいけない事があります。
それは、それなりの労力や時間がかかるという事です。オウンドメディアは自社で運営するメディアという事なので、外部に支払うお金は実はそんなにかかりません。ただしその分、内部コストである人件費はそれなりにかかってききます。
○価値があるからこそ労力がかかる
オウンドメディアマーケティングを単なる集客法とみなすのではなく、企業価値をどのように高めていくか、大きな視点をとれなければ間違った方向へいってしまうでしょう。反対に言えば、それだけの価値があるからこそ、それに相当するような労力が必要なのです。オウンドメディアマーケティングについてより詳しい情報はオウンドメディマーケティングで見るべきポイント?をご覧ください。

]]>
http://levelupmarketingmd.com/2017/07/20/diary-20170720/feed/ 0