Skip to content
7月 6 17

トリプルメディアまとめます

by admin

みなさまこんにちは。今回はトリプルメディアについてまとめていきます。なぜかというと基礎の基礎を忘れている感じがするからです。早速始めます。一応言いますがトリプルメディアはオウンドメディア、ペイドメディア、アーンドメディアの3つです。
1. オウンドメディア
オウンドメディアは自社が保有するメディア。ブログなど自社で管理するものをそうしてオウンドメディアと言います。
これを活用する目的は、訪問者に良質な情報を与えて、自社への良い印象を持ってもらうことにあります。
2. ペイドメディア
お金を支払って情報を載せてもらうメディアです。Google adwordsやyahooリスティングなどの広告が主なペイドメディアです。ちなみにTVCMなどは含まれません。
3. アーンドメディア
第3者からの評価をもらうメディアです。例えばsnsからのシェアなどはアーンドメディアの良い例と言えます。シンプルにコメントなどもアーンドメディアの一つですよ。
以上になりますが、この3つのメディアを活用していくのが最もいいです。
何事も3つが大事ですからね。
トリプルメディア

6月 25 17

2分でわかる!マーケティング分析の一つSTP

by admin

“minna”

みなさん、こんにちは。
マーケティング分析といっても、4P分析や3C分析など難しく聞こえるかもしれませんね。マーケティング分析といってもその方法はいくつかあってどれを選んだらいいのか戸惑ってしまうでしょう。今回は、マーケティング手法の中でも「STP」というのをお教えします。聞き慣れないこのSTPとはどのようなものなのでしょうか?ご説明していきましょう。


STPって何のこと
STPとは
・Segmentation…セグメンテーション(市場細分化)
・Targeting…ターゲティング(標的市場)
・Positioning…ポジショニング
の略となります。

早い話が、ターゲットを絞り込んで自社の立ち位置を設定する分析手法がSTPとなります。
STP分析はアメリカでは2番目に人気のマーケティング方法でもあり、多くの企業がSTPを実際にマーケティング戦略に導入しています。それぞれの擁護についてもう少し細かくみていきましょう。


セグメンテーション
セグメンテーションとはすなわち「細分化」の事です。属性ごとに市場を細かく分けていきます。STP分析においてはまずはこれが基本となります。


ターゲティング
市場規模や将来性など、市場を構成する様々な要素の中から、自社が事業展開するのに
最もふさわしい市場を標的として選びます。


ポジショニング
ポジショニングとは「立ち位置」という事です。ターゲット市場における自社商品の立ち位置、すなわちポジションを明確にします。自社の立ち位置と同業他社のポジションを正しく把握する事により、マーケティング戦略や施策を立案できるでしょう。

トリプルメディア

6月 18 17

グーグルの基準がクリアできなければ検索エンジン最適化は厳しい?

by admin

“mrt02”

検索結果に上位表示したいと思ったページは、果たしてそのキーワードで検索した利用者にとって、本当に価値のあるものなのでしょうか。 ユーザー目線でサイト作成していく 検索エンジン最適化していけば、自社ページが上位に表示されるようになりますが、それには現時点でグーグルが考える「利用者にとって価値あるページ」にしていく必要があります。それには自社サイトを、ライバルサイトよりも価値あるオリジナリティの強いものにしていく事が大前提です。

グーグルが重要視する評価基準に則る 検索エンジン最適化するにあたっては、グーグルが最重要としている以下の3つのポイントに従う必要があります。 ・専門性 ・権威性 ・信頼性

さらに以下のようなグーグルの考え方を心得て最適化していくといいでしょう。 ・焦点はあくまで「ユーザー」に。その他のものはあとからついてくる ・世間にはまだまだ多くの情報でいっぱいだ ・一つの事をとことん極めるのが一番 ・遅いよりスピーディーなのが当然いい ・情報が欲しくなるのはパソコンからだけではない ・情報のニーズは国境を超える ・「素晴らしい」では不十分”

SEOチェックとは?

6月 11 17

もっと知りたい!今話題の「オウンドメディアマーケティング」について

by admin

“mrt”

オウンドマーケティングは「企業の会員サイト」ということ まずは「オウンドメディア」という意味ですが、これは自社で持っている「webサイト」の事であり、言ってみれば「自社の会員サイト」という事です。企業が自ら使用しているサイトという事ですね。

オウンドメディアはブランドサイトやキャンペーンサイトなどマーケティングツールの事なので、これまでマス広告だけではできなかった顧客とのダイレクトな関係を築くことができます。これによって全てのクライアントに対して、最適なコミュニケーションツールとなっていくわけです。

消費者が自らリサーチする事を前提としたオウンドメディアマーケティング それでは「オウンドメディアマーケティング」とは何かというと、企業が所有しているメディアを使ったマーケティングの事で、「インバウンドマーケティング」(消費者は広告に頼らず、興味ある商品を自ら検索して見つける事を前提にしたマーケティングを指す)の一つのファクターです。

現代では多くの企業がこれまでの広告手段からオンラインメディアを活用し、消費者との距離を縮めていく事にチャレンジしています。それがオウンドメディアマーケティングです。

オウンドメディア

6月 5 17

インバウンドマーケティングVSアウトバウンドマーケティング

by admin

“tool”
今回はインバウンドとアウトバウンドのマーケティング手法について話していきます。
まず、それぞれの特徴から。
インバウンド:
インバウンドマーケティングは消費者が知りたい情報をブログなどのサイトに載せることで購入に結びつける方法です。色々な情報を制限なく伝えられることが良い特徴です。ただ、ブログなどは発見してもらうまでに時間を要するため根気が必要です。基本的には、ビジネス用の商品や高価なものなど購入者は限られているけど、時間をかけて売りたいものがインバウンドマーケティングに向いています。
アウトバウンド:
アウトバウンドはTVや新聞雑誌などの広告が主です。大衆に情報を発信することで購入してもらうことやそのブランド認知を高めることを目的としています。基本的には生活用品や食品など誰もが使うものがアウトバウンドマーケティングには向いています。
2つの特徴は上記のような感じです。僕の感想では、どちらも使い分けてマーケティングすることが重要だと考えます。
こっちの方がいいということはないです。参考までに特徴をまとめました。デジタルマーケティング分析「リスニングマインド」とは?

5月 30 17

真似して良くなるSEO

by admin

“analytics”
SEO(検索エンジン最適化)とは、検索順位で上位に上げるための施策です。私は検索順位の上位に現れるコンテンツ真似することが検索結果で上位に上がる秘訣だと考えています。
そんな人のものをパクるなんてー、と思うでしょうが実際に検索結果を見てみてください。。。
どれも結構みんな似ていませんか?実はタイトルも内容自体も似ていますよね。結局、検索結果で上位になるためには奇抜なことはしないで、上位に上がっている人の真似をしようということなんです。
なぜ真似するのがいいかというと、検索結果で上位に上がっているコンテンツは検索ユーザーの求めている情報とほとんど同じだからです。検索エンジンはユーザーの流入数や外部リンクなどそのサイトの他者からの評価を重要視するため、結局検索結果上位のコンテンツ近いコンテンツがベストになります。そしてそのコンテンツはキーワードの組み合わせで作られます。ですから、検索エンジンでより優位なキーワードを使用することも重要です。
そのようなキーワードの発見からコンテンツ作成のサポートをするツールがあるのでご紹介します。本記事はSEOを参照しました。

5月 23 17

顧客体験を向上させるマーケティング分析

by admin

“market”


データベースの洞察力


顧客の経験を分析し、洞察力を得て成果を高めた競争力のある企業は、このような組織の構造的な問題を克服しました。お客様経験値を組織全体に共有しており、それによってすべての部門で顧客と接するようになり、業務ごとに洞察力を得ることができました。顧客の購買データでは、どの製品が一番よく売れるか判別して生産を増やすかどうかを決定することができ、財務部門では購買パターンに基づいて収入を予測することができる、またマーケティング部門もこのデータに基づいて仮説をテストして決定することができます。

業界をリードする企業は、測定および分析が顧客の経験をどのように向上させることができるかをよく知っています。顧客データを収集、調査すると良いCXを提供することができ、消費者の好感度と行動パターンを容易に把握することができます。たとえば、Progressive Insurance会社のマーケティングチームは、モバイルユーザーの行動方式のデータを分析を通してこのような結果を知りました。消費者は、モバイルアプリを利用する保険見積もりや保険を加入して特約をオプションで入れてほしかった。顧客が希望する保険を購入するオプションを提供することで大きな利益をもたらしました。このように、会社が顧客価値を創出するビジネス上の利点が自然についてきます。

マーケティング主導権


誰が組織の構造的な問題を崩し、断絶されたチャンネルの顧客経験に接続し、改善を推進するのでしょうか?最近ガートナー(Gartner)の研究によると、CEOがマーケティング役員に期待する最高の期待値は、顧客の経験を向上させることです。 CMOはブランドの管理範囲以上に考えを広げ、顧客経験により多くの価値を与えるように努めるべきです。

伝統的なブランド管理の観点から見ると、マーケティング担当者は、特定の製品ラインを担当しました。この場合、同じ顧客を目標に組織が互いに関心を持って競争するようになり、その結果、互いに共有されて融合されていない情報がないため、顧客体験を向上させるために必要な大きなイメージを得ることが難しくなります。今日のマーケティングリーダーは、顧客の経験を最適化するために、組織の構造的な問題を崩しコラボレーションを通じ、製品中心のアプローチから顧客中心のアプローチに切り替えなければならなりません。

より多くのデータを必要としません。転写組織でデータを確認し、有用な情報を提供することができる方法を見つける必要があります。組織内のメンバーがお客様が探しているときに、可視性の高い情報を提供する場合、他より迅速な意思決定を行うことができます。

マーケティング分析

5月 13 17

ある日、Googleからの自分のサイト検索順位が急激に落ちたら?

by admin

New Link

ドメイン関連の新しいリンクが突然急増する場合には、順位に悪影響を与える可能性があります。新しいリンクに関連付けられたドメインの権威も、信頼性等に応じて、その影響が否定的であることも、肯定的である場合があること!


Lost Link

新しいリンクがランキングに影響を与えるように、失われたリンクもまたランキングに影響を与えます。特にBack Linkが少なければ少ないほど、特定のいくつかのBack Linkへの依存度が高くなるので、このBack Linkが一時的に利用できないか、なくなる、その影響も大きくなります。


失われたRedirections

リダイレクトは、定期的にチェックしてなければならない。削除または修正される危険性のない明確なリダイレクトする必要があります。


アルゴリズムの変化


多くのサイトがアルゴリズム更新によって順位が下落しました。 2015年以前は、Googleはアルゴリズムの更新を発表し、これによりSEOコミュニティは、様々な分析を提供していました。しかし、アルゴリズムの更新がさらに洗練され遅くなり、業界ではその影響力についての理解が少なくありませんでした。


サーバー問題
このリストのチェックポイントの中で最も診断が難しく、複雑なアイテムです。壊れたキャッシュ機能で空のマークアップがクロールをするGoogleボットに提供されると、順位の低下が起こります。この場合には、サーバー担当チームに依頼して、サーバーのログとエラーをチェックする必要があります。また、Search Consoleの「fetch and render(インポートおよびレンダリング) “機能を使用して、特定のページへの要求がある場合にどのようにページが提供されるかを確認することができます。


クリック率の変化
他の要素と比べるとクリック率は比較的少ない影響力を持っているが、ユーザーの信号の重要性が増加し、クリック率がランク結果に影響を示唆するという証拠がまた増えました。もしクリック率が急に落ちた場合は、順位低下の原因になることがあります。


本記事はこちらを参照しました。

4月 10 17

ブログ主のプロフィール

by admin

こんばんは。マーケティング本舗~levelupmarketingmd~をごらんいただき誠にありがとうございます。今回は当ブログを管理している私のことを紹介致します。
このブログは、新しいことに挑戦するために始めたものです。また、タイピングの練習やお得な知識の収集にもなればいいと考えています。
友達には、バイタリティーが旺盛な性格だと言われます。
マメに更新して役に立つブログにしようと思っていますので、これからにご期待ください。投稿が停滞気味な時がありましたら、お叱りや励ましのコメントをお待ちしております(^^ )

4月 10 17

よろしくお願いします

by admin

はじめまして、マーケティング本舗~levelupmarketingmd~を管理するブログ主です。
当サイトは、管理人が興味をひかれたことや買いたいもの、人気の商品などに関してマイペースに書いていくサイトです。
HPの知識はまだちょっと乏しいので、見よう見まねで頑張っていきます。
今後は役立つ情報をバンバン投稿していく予定なので、気が向いたらチェックみてくださいね。